スポンサードリンク

ヤシの葉をそのまま生かしたデザインが新鮮な小船のようなパームリーフトレイ(ストレートタイ...
スポンサードリンク

バリ島のパームリディ編みティッシュケースカバー【インドネシア製バリ雑貨・アジア雑貨・アジ...

雑貨がブーム

雑貨デザイナーは、どのような仕事をする人か?私も雑貨は大好きで、若い頃、一人暮らしをしていたときは、本当に部屋に置く雑貨を選びに、雑貨屋さんに行ったものです。雑貨は見ているだけでも楽しいものです。
今、雑貨は、ブームといってもいいでしょうね。たくさんの方が雑貨を求めて、各地のショップに行ったり、通信販売によって購入しています。雑貨デザイナーは、こういった雑貨を、生活環境を考えながら、素材、そして使い勝手を考慮して、トータルにデザインし作り上げる、という仕事になります。

雑貨風かごバッグを作ろう!  布の手づくり雑貨と暮らす幸せ  ネットではじめる雑貨屋さん

雑貨デザイナーが人気

雑貨を作るためのデッサンや雑貨を売る、という企画力、といったものを磨くために、現代には、雑貨の専門学校もあるのですよ。やはり雑貨はとても人気があるので、雑貨デザイナーになりたい、という方も多いようです。多くの方々は、雑貨デザイナーを目指しながら、学校に通い、アルバイトなどをして、雑貨についての知識をつけているようです。
雑貨デザイナーは、デパートや専門店、といったところでの就職が可能になりますね。東京デザイナー学院や大阪モード学園、神戸ファッション専門学校など、デザイン、ファッション系統の専門学校がこういった雑貨デザイナーの学科があるようです。全国各地にあります。
雑貨といっても、本当に深くて、海外の雑貨などは、歴史も古く、かなり前の年代に作られた雑貨などは、かなりの高値で売られていますし、人気雑貨デザイナーの雑貨は、オークションなどにも登場しています。今は、雑貨ブーム、ということもあって、デパートの雑貨コーナーもブースを広げるなど、かなり多くの雑貨を目にすることが出来ます。
つまり、雑貨デザイナーとしての雇用も、非常に多くなっている、ということになりますね。雑貨をどう陳列すれば、素敵な空間になるか、そのコーディネイトなどが、雑貨デザイナーのセンスによって決まっていきます。

雑貨デザイナーには専門知識も必要

また雑貨、というのは、世界各国に存在しているものですから、知識もさまざまなものが必要になります。また、今市場でどのようなものが流行しているか、ということも、敏感に察知しなければならないでしょうし、コミュニケーション能力も必要となります。
陶器やガラス製品、またアクセサリー、インテリア等、雑貨と呼ばれるものは本当にたくさんあります。それらの発祥や歴史を知ることも、雑貨デザイナーとしての知識となります。
やはり、雑貨デザイナーになるためには、こういった知識を得ることの出来る専門学校に行くことが、一番の近道になりそうですね。

雑貨デザイナー